債務整理に該当する方

Posted on 2018.6.13 By

借金問題で悩まれている方の多くが、毎月の支払いに追われ、先行き不透明な状況に不安を抱えていらっしゃいます。おそらく、借金を抱えてる方であれば、債務整理という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。中には、現在、債務整理を検討されている方もいらっしゃるでしょう。では、自分が今、債務整理をすべき状況にあるかどうかの判断は何を目安にすればよいのでしょうか?

弁護士基本的に、借入額が年収の3分の1以上ある場合、債務整理をした方がよいと言えます。また、これ以外にも、借金を返済するために新たに借金をし、自転車操業状態にある、或いは、毎月の返済が滞納しがちである、或いは、返済しているにも関わらず、なかなか借金が減っているように感じないといった状況にある場合、債務整理を行うことをお勧めします。

そもそも、債務整理とは弁護士の手を借りて、借金を整理する法的手段のことをそう呼びます。債務整理をすると、利息をカットする、3年間で返済できる額に圧縮するなどの措置が取られるため、債務者の負担はかなり軽減されます。借金という負担から早く解放されたいと願う心理は至極当然なことです。債務整理を行い、借金問題をクリアにすることで、明るい未来に向かって一歩踏み出しましょう。


未分類