任意整理のメリット

Posted on 2018.6.17 By

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産と大まかに3つの方法があります。推定ではありますが、過去のデータから見ても、債務整理の中では圧倒的に任意整理の割合が高く、これまでにたくさんの方が任意整理で借金問題を解決されています。実際、任意整理は他の2つの方法に比べてデメリットが少なく、メリットの方が大きいのが特徴です。では、任意整理のメリットとはいったい何なのでしょうか?

任意整理任意整理の最大のメリットは利息をカットできるということです。任意整理をする場合、原則として、未払い金利、将来の金利、遅延損害金といった金利はカットされます。なお、任意整理では、取引開始までさかのぼり、利息制限法に基づいて引き値計算を行うことで過払い金を算出します。そして、過払い金があった場合、それを元金に充当することで、本来支払われるべき借金の額を明らかにします。結果、借金総額が減額されることになり、月々の支払いは軽減されるのです。

任意整理にはこの他にもさまざまなメリットがあります。例えば、手続きにかかる期間が短い、かかる費用も弁護士費用のみという点に置いてはいかがでしょうか?借金で精神的にも金銭的にも余裕が持てない債務者にとって、これらのメリットは有益だと考えてよいでしょう。任意整理には実施後5年間は借入ができないという制約があるものの、このように、債権者との和解案が成立すれば、債務者の負担は確実に軽減されます。借金問題で苦しんでいる債務者の方は、デメリットが少ない任意整理で解決できる状況にあるうちに早めに対処することをお勧めいたします。


未分類